ブラックリストでも借入する方法

キャッシングベスト3

ブラックリストに載っていても消費者金融でお金を借りる方法

前から何度か返済が遅れてしまっていて、どうやらブラックリストに載ってしまったようで、他の消費者金融で借りようとしても断られてしまいます。ほんの少しでいいのですが、何とか借りる方法はないでしょうか。

中小消費者金融なら、柔軟な対応が期待できます

「ブラックリスト」というリスト自体は存在しませんが、個人信用情報機関に登録された金融事故記録のことを、分かりやすく「ブラックリスト」と呼んでいるのです。返済の滞納は、金融事故として記録されてしまい、いわゆる「ブラック」扱いになってしまいます。この記録は最長7年間保持されるので、前回の滞納から7年以上経たないと、ブラックから外れないのです。

そんなブラックな人でも、中小の消費者金融の中には、じっくりお話を聞いてくれる会社もあります。状況によっては、返済可能な少額のみを融資することもあるのです。それでも確実に借りられるわけではないので、注意してください。

「借りたら返す」が借金の基本ですので、返済が遅れがちな人には厳しくなるのが当たり前です。ただ、収入と返済のバランスが取れていないこともありますので、複数社で借りているならば借金の一本化や、債務整理も考えておきましょう。債務整理は、現在借入している会社に交渉して、返済期間を延長し、毎月の返済額を少なくするものです。大手消費者金融は、返済計画の見直しとして柔軟に対応する傾向があります。

借金を増やすよりは、借金を減らすことを第一に考え、一日でも早い完済を目指しましょう。

ブラックリストに載っていても消費者金融でお金を借りる方法とは

ブラックリストに載っていても消費者金融でお金を借りる方法なんてあるのでしょうか。普通なら、ブラックリストに名前が載っていたら有無を言わさず審査落ちするんじゃないかと思ってしまいますよね。

そもそもブラックリストなどというものは存在しません。消費者金融各社が独自で作っている可能性はありますが、それはその会社だけのものであって、世間一般に言われている業界全体で使われるブラックリストというものは無いんです。

ブラックリストがあると思われているのが、個人の信用情報が登録・集積されている「信用情報機関」です。ここにブラックリストがあって、名前を見ただけで審査落ちと思われている方も多いでしょう。しかし、この「信用情報機関」は審査の可否を決定するところではありません。あくまでも情報を提供するだけで、それが黒とも白とも位置づけはしていないのです。

ここまでお話すれば、「ブラック」とは何かが見えてきたと思います。漠然と事実だけが書かれた信用情報を取り寄せた消費者金融の担当者が、「これはブラック」「これはホワイト」と判断しているだけなんです。もちろん、借り過ぎでアウトとか、申込みし過ぎでアウトというブラックもありますが、複数社から借りているからブラックとか、他社から数十万円借りているからブラックだというのは、消費者金融会社それぞれに考え方が異なっています。

ブラックでもお金を貸してくれる消費者金融というのは、その人をブラックだと思っていないということでもあります。「自分はブラックだ」と思っているならば、その原因になっているもの以外の信用を相手に与えることができる方法を考えましょう。電話での態度、必ず契約を守って返済をする人柄、それらをアピールできる消費者金融は沢山あります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 \20万円が今すぐに欲しい\即日融資キャッシングTOP3 All Rights Reserved.